aragi05

あらぎ島は
和歌山県有田川町にある棚田の水田。
扇状に広がるその独特の光景は国の重要文化的景観にも指定されている。

aragi10
aragi04
このあらぎ島の棚田は
江戸時代の大庄屋が村民救済のために私財を投じて開いた新田だと言われている。
おおよそ50枚の田圃、その広さは2ha以上。
今は6軒の農家の方々によって耕作され続けているそうだ。
aragi03
aragi07





有田川沿いに車を走らせると
その至るところでいろんな棚田を目にすることができる。
aragi06
aragi08

日本の原風景…なんていう言い方もされるこの棚田。
古来から山あいの斜面に耕地を切り開いてきた生きるための先人の知恵。

ただ現地の方のお話を聞けば
残したいが後継者がいないことが大きな課題になっている…と。

それだけではなく
農業機械が使用できないゆえの作業効率の悪さ
さらに山あいで水を管理する日々の苦労…等々

それでも棚田の風景を残していこうと
日々尽力されている方々がいるからこそ
今ここにこの風景があることを僕らは忘れてはいけないと思う。



有田川町だけではなく
今、全国各地で
この棚田の風景を守ろうとする運動が繰り広げられている。
若い人を対象にした棚田オーナー制度も広がりつつあると聞いた。

世代を超えたいろいろな取組が実っていけばいいな。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
生石高原から有田川の棚田をめぐる旅でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村